監督それなりのローテーションが稼動した

初めて結果を先に持ってきてみるとアーセナルはマンチェスター・シティに0:1で敗れ、マンチェスター・シティの公式戦18連勝の犠牲となった。私たちは、強豪マンチェスター・シティを相手にして0:1という敵はスコア差で敗北したとして安住してもいいのだろうか。

世界中のすべてのサッカーチームは勝利のために動いてファンは、自分が応援するチームの勝利、改善された競技力に熱狂する。ファンがチームの改善された競技力に熱狂する理由も次の試合や今後勝利を収めることができるという期待感だろう。だからこそ、チームと呼ばれるチームは、失われたかもしれないが、失われたかもしれないが、失われていない。

過去のアーセナルは、2004年にeplで優勝したことはありませんでした。そして、2006年のチャンピオンズリーグ決勝まで、世界中で最高のチームでした。しかし、我々に財政危機が訪れてきた4スナル時期チャンピオンズリーグ進出を目指すチームになってしまった。また、ベンガー監督が退任してエメリー、ユングベリー監督が指揮を取っ成績はさらに下落、私たちの目標は、ヨーロッパリーグ進出となった。

今季は事実上リーグ順位もドラマチックな反転を行わなければ、ヨーロッパ圏に入ることも難しく見え、今年出場したヨーロッパリーグで優勝していなければ、次のシーズンメジャー大会に参加しないようにされる。EPLのレベルは毎シーズン上向きに平準化されており、私たちはそうではありませんが、リーグと世界トップに立つことができる底力のあるクラブです。少なくとも私はそれを信じています。

しかし、最近アーセナルのファンに敗北は当然の結果になってしまい、現実と過度に妥協しているという気がする。たとえ現在アーセナルが不振がアーセナルは、現在のランキングに安住することができる中位にチームになってはならない。アーセナルはマンチェスター・シティーガン、バイエルン・ミュンヘンガン、常にすべてのチームに勝利し、そうでなければすぐに方法を見つけて変更する必要があります。相手が公式戦17連勝を走っていたシティだったとしても少ないスコア差の敗北に安住して当然の結果としてここ始めた瞬間アーセナルは変化していない。回復に成功するか、中位圏のチームに留まるか。

アーセナルは2月22日午前1時30分、マンチェスター・シティとのホームゲームを行った。相手マンチェスター・シティは、公式戦17連勝、24試合無敗で激しくしていたEPLで独走を走っているチームである。アーセナルは全試合ヨーロッパリーグでベンフィカを相手に惜しい引き分けを記録したものの、스포츠중계 リーグではリーズを相手に多得点勝利を記録し、雰囲気が良く、マンチェスター・シティの監督ペプ・グアルディオラがチームの連勝を導くたびに、その連勝を切ったチームがアーセナルであるため、多くのアーセナルファンがかなり期待を持った。

アーセナルのスタートラインナップには多くの変更がありました。負傷したリーグニューカッスル戦以来出場しなかったティアーニは、最終的にスタートラインナップに戻り、センターバックの組み合わせは最後の試合とはまったく異なっていた。また、スミス・ローに休憩を与えペペが、3線にはセバヨスとパーティーに代わってエルネニーが出場した

アーセナル攻撃に頂点には、過去の試合と同様にオバマメ量が出2線ラインはペペ – ウェデゴール – サッカ、3線の組み合わせは、坂 – エルネニが名前を上げた。アーセナルの守備ラインは、ティオニー – ホールディング – マリー – ベレリンで、過去の試合と比較して、4人のうち3人が交換された

序盤から強く吹きつけるマンチェスター・シティにアーセナルの選手たちは、大型を整備していないし蹴っだけ汲々た状況の中で、前半1分、とても早い時間に失点を許した。アーセナル基準左サイドマレーズはティアーニーを前にしてきらびやかなテクニシャンに前進した。以後スターリングに向けた宅配クロス、スターリングは良いジャンプタイミングを持って行きながらヘディングですっきりアーセナルのゴールを分けた。アーセナルの立場からキーが170cmにしかならないスターリングに前切断できずヘディングを渡したホールディングのミスが惜しかった

試合開始と同時に守備失策と見ることができるゴールを失点した。その後もマンチェスター・シティが完全に試合を主導し、マン・シティは間違いをほとんどせず、守備は本当に堅かった。(なぜリーグで1位に独走しているのか理解できるほど)アーセナルにもいくつかの攻撃的なチャンスがあったが、ティオニーとサッカの左側ラインに頼っていた。クロスはオーバーメヤンに向かい、守備に絶え間ない。

地域守備を持っていくチームを相手にハーフスペースを攻略し、多得点を記録してきたマンチェスター・シティを相手に対人守備の形で対応し、1失点で流し防いだアルテッタの守備戦術は賞賛に値すると考えている。しかし、試合中ベレリン、ペペの右ラインとオバマメ量が非常に惜しい姿だった。後半にも左のラインで攻撃作業を処理して、中央にクロス、カットバックを送る形だったオバマメ量がヘディングをよく取ってくれたり、ポストプレイを上手スタイルではないので、効果的な攻撃が行われなかった。有効シュートも前後半をあわせて前半に出てきたティオニーのキーパー正面に向けたシュート一つだけだったので、固体守備を持ったチームの破毀法はアルテッタ監督が苦心して見なければならない問題だと思う

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다