一人持ちこたえた世の中

誰よりも生活力強く一人の世界を生きていく少女アヨン。児童学科卒業生であり、保護終了児童になってお金が切実に必要だったアヨンは友人の紹介でベビーシッターになります。

少し足りないが、何とか一人で子供を育てようとするヨウンチェ。しかし、手に余るを感じベビーシッターアヨンを雇用します。最初は幼いという理由でアヨンを不満に思っているが、自分よりも子供をつましく取りまとめるアヨンを見てヨウンチェは徐々に心を開くことになります。

あれこれ幸せ過ごしていたある日、子供ヒョクの事故で二人の関係は、金が店になります。その日アヨンはベビーシッターの仕事を辞めされて児童学科卒業生だったアヨンは教授の推薦で保育園で実習をいくことになります。

実習出た保育園で家に帰りたくない子供を見て、心痛くて子供ヒョクがを考えるようになるアヨン。実習出た保育園の先生が子供にも愛を与えないようにします。後で難しい。

到底一人でヒョクイを育てることができなくなったヨウンチェは不法養子に息子ヒョクイを送ることになります。息子を送っても心が痛く、夜に自動車ライトも点灯しないまま運転をして、交通事故が出てしまいます。

エイヨンはこのニュースを聞いて、病院に来て、ヒョクの安否を尋ねる。彼女は答えていないまま、彼女の背信が重いと感じます。ヨウンチェは人生は、웹하드순위 元の均等レッツ高ではなく、掃除クソゴルミョ自分の人生に興味を引くようにします。

誰よりも一人で育ったその痛みを知るにアヨンは不法養子間ヒョクイを探して戻ってきます。両目丸く開いてヒョクイを抱えて不法養子代理母に連れて行くと言うと、「一人で育てることができるように思える、哀悼不幸になる」と代理母がアヨンに言うアヨンは聞いたままもないしヒョクイを連れてきます。歩くのが簡単です。

連れてきたヒョクイをヨウンチェに抱か者自分はできない育てると泣いて言います。その姿を見守っていたアヨンは勇気を出してヨウンチェに自分が助けてくれると言って一緒に育てようとします。ヨウンチェとアヨンヒョクがこの三人は人の多くの場所に歩いていく映画は終わります。

最初は悲しいとは思わなかったが、私はその魅力に気づいた。私は演技をうまくやっていると言われたキム・ヒャンギ、リュ・ヒョンギョン、ヨム・ヘランの3人の俳優のためにそれを見るようになった。また、私がもし劇中のアヨンだったら、この年齢で果たしてこのように唐ガレージガッチリこの険しい世界を乗り越えていくことができたのか考えてみます。

孤児とシングルマザーが家族になっていく過程を描いた映画です。この映画を見て、まず私からでも孤児やシングルマザーの偏見を持たないように考えました。また、劇中塩害とは、この引き受けた配役のように私も大きな助けはありませんが、ただのように横で軽くしてくれて、小さな助けでも与えることができるような大人でありたいです。

幼いという理由で孤児という理由でシングルマザーという理由で、世界の偏見と大変困難住んでいる人に少し額や力になってほしいです。私が作った映画はありませんが、このような暖かさのためにこの方に励ましになって重宝されたらと思います。

家族が必ずママとパパの兄弟姉妹ではなく、おばあちゃんの叔母お姉さん叔父など、様々な家族の形態も、私たちの隣人に受け入れたらします。

長い時間、映画の胸が暖かくなっています。子供。偏見のない世界、現実に、この2人が家族になり、本当に生きていけばいい。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다